ETFの長所と短所〜ETFで気分上場〜ETFって何だろう?

<Sponsered Links>

ETFの長所と短所

ではETFの長所と短所を見ましょう。

1.手数料が安い

ETFは手数料が安いといいますが、

実際にはどれくらいか。

 

先ほどの表にもあるように、手数料率は0.05〜0.1%ほどです。

これは100万円分ETFを購入した場合、500〜1000円程度になる計算です。

 

一方のインデックス投信では、手数料率は0.5〜2.1%程度です。

100万円をインデックス投信にした場合、 500〜2100円程度になる計算です。

 

2.信用取引が可能

ETFは市場で取引できる商品のため、 株と同様、信用取引が可能です。

 

○信用取引とは…

株式や株式購入の資金を証券会社から借りて、 株の売買を行う取引。

証券会社ごとに倍率は異なるが、 資金の2倍、3倍での取引が可能になる。

また空売りといって、 値下がり時にも利益をだすことができる。

 

3.最低購入金額が高い

ETFの最低売買口数は、

日経平均株価なら10口からとなっているため 最低購入金額が高くなる。

 

日経平均株価が16,000円なら、 10口分なので16万円必要になる。

またTOPIXは100口からなので、 TOPIXが1600ポイントなら、やはり16万円となる。

 

4.パフォーマンスが安定している

日経平均は日本を代表する225社の企業の株価を、

TOPIXは東証1部の全銘柄、約1700社の株価の合計です。

 

ETFはその日経平均やTOPIXに連動しているため、

とても値動きが安定しているといえます。

 

個別株をもつよりも、株価が安定しています。

前へ  次へ

ETFの長所と短所

<Sponsered Links>

ETFって何だろう

ETFはこんな人向き

インデックス投信の違い

ETFの長所と短所

お勧め証券会社

まとめ

ETFのリスク一覧

価格変動リスク

金利リスク

為替リスク

信用リスク

カントリーリスク

地政学的リスク

インフレリスク

流動性リスク

ETF関連用語

FOF…ファンドオブファンズ

MRF…マネーリザーブファンド

トレーリングストップ

トレーディングストップ

 

リンク一覧

おすすめリンク1

おすすめリンク2

おすすめリンク3

おすすめリンク4

おすすめリンク5

お問い合わせ